やっかいなトイレの床の水漏れの修理方法

トイレの床から水が漏れている場合は、原因が特定しづらいのでやっかいです。原因は様々で、タンクや便器に入ったヒビ、便器と配管との接続部分の劣化、給水パイプの破損などがあります。応急処置と水漏れ箇所を特定するために、タオルを床に敷いてひと晩置きます。タオルの濡れ具合を見れば、ある程度、特定できますが、それでも分からない場合、修理が難しい場合は専門業者に依頼しましょう。

■最低限必要なセルフチェック

業者に依頼するにしても、最低限、必要なセルフチェックをした方が、修理はスムーズです。トイレの床に白タオルを敷き、漏れている水が透明か、汚れているか確認します。透明の水で寒い季節の少量の水なら結露の疑い、タンクからの水漏れならタンク内の部品の劣化、温水洗浄便座の水漏れなら温水洗浄便座のタンクの劣化、水を流すと水が漏れるなら、タンクと便器の接続部の不具合が考えられます。
汚水が便器と床の間から滲み出すなら便器のヒビ割れ、水の色が黒っぽければ、便器と排水部のパッキンの劣化が疑われます。設置後、年数が経っていないトイレで水漏れがある場合は、施工不良が疑われるので、施工業者に連絡する必要があります。

■自分で対処する場合の修理方法

自分で対処したい場合は、床に敷いたタオルで水漏れ箇所を特定します。タンクや給水・排水パイプのつなぎ目部分なら、不具合部分のパッキンやパーツ部分を交換することで解決できることがあります。ウォシュレット本体のパーツやつなぎ目部分なら、工具で締め直したり、ノズルやパッキンを交換したりして修理します。
便器やトイレタンクの結露は、湿気や気温の変化で起こるので、換気扇を回し続けたり、トイレのドアをしっかり閉めて温度変化を起こさないようにしたりすることで改善が可能です。床と便器の間、タンクや便器、給水パイプ本体から水が漏れる場合は、止水栓を止める応急処置を行った後、専門業者に依頼しましょう。

■まとめ
トイレの床の水漏れは自分で修理できる場合もありますが、床が水浸しで床材が傷んでしまうと床材の張替えが必要になることもあります。まるごとリフォームした方が、経済的というケースも出てきます。安易に手を出さずに水道 修理の専門業者に依頼することをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ