トイレの便器の水漏れを修理する方法

便器周辺から水が漏れている場合は、トイレタンクと便器の接続部分の部品の経年劣化、または便器本体のヒビが考えられます。自分で直せるケースもあるので、じっくり便器を観察して、どこから水漏れしているか確認します。
洋式、和式、小便器と便器のタイプによって水が漏れる箇所が違ってきます。毎日使うトイレなので、早期点検でトラブルを解決します。

■便器のタイプによる水漏れ箇所の違い

手洗い付きの洋式便器では手洗管の水が止まらない、給水管・止水管、便器とタンクから水が漏れることなどがあります。ハイタンク式の洋式便器ではタンクの水が止まらない、便器と床の間から水が漏れる、水が流れないなどがあります。手洗い付きやハイタンクの和式便器は手洗管の水が止まらない、タンクの水が止まらない、洗浄管から水が漏れる、便器の詰まりなどです。
フラッシュバルブの和式便器はフラッシュバルブから水漏れ、水流が弱くなったなどがあります。小便器のチューリップ型、店舗にあるストール型、壁掛け型はフラッシュバルブからの水漏れ、水が流れない、小便器の詰まりなどです。

■自分で対処する方法

トイレタンクと便器の接続部分から水が漏れている場合は、目視で確認し、分解して不具合のある部品を交換します。市販されているパーツならホームセンターで購入できますが、メーカーからの取り寄せが必要な特殊な部品もあるので、きちんと確認します。便器そのものから水が漏れている場合はヒビが入っている可能性が高いです。
ヒビが小さければ、市販のパテで応急処置も可能ですが、便器本体の取り換えが必要な場合もあります。止水栓を止める応急処置を行った後、早めに専門業者に依頼しましょう。


■まとめ
タンクと便器の接続部分のパーツ交換で修理できるなら、パッキンやボルト代だけで済みますが、便器そのものを交換することになると、自分で修理しても修理代が高額になります。個人で便器を購入するより、業者経由の方が安く購入できるようですし、便器交換はリフォームになるため、専門業者に依頼します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ