一番多いトイレタンクの水漏れの修理方法

トイレで一番多い水漏れ箇所はタンクです。タンクの中にはたくさんのパーツが入っており、何らかの原因でそれぞれのパーツが少しズレてしまうだけで、きちんと機能しなくなります。その場合は少し位置を調整すれば直ることもあります。しかし、レバーが元に戻らず、水が止まらない、使用後にいつまでもタンクの中で水音がする、常に便器に水が流れ出しているといった場合は、専門業者に依頼することが重要です。

■トイレタンクの水漏れ状態をチェック

タンクの蓋から水が漏れている場合は、整流スポンジの劣化が考えられます。スポンジが変形したり、外れたりしていないか確認します。手洗管からの水漏れは、パッキンの劣化が考えられ、破損している場合もあるので目視で確認します。水洗レバー近くから水が漏れている場合は、パッキンが劣化している可能性があります。
便器内に水が漏れ続けている場合は、タンク内のボールタップが機能せず、オーバーフロー管から水が漏れている可能性が高いので、蓋を開けて確認します。止水栓や給水管から水が漏れている場合は、配管の老朽化やパッキンの劣化が考えられます。それぞれの症状別に、適切に対処することが大切です。

■タンクの水漏れの対処方法

タンクの蓋からの水漏れは蓋を開け、樹脂カバーを取り出し、古いスポンジを取り除き、整流スポンジを交換します。手洗管のパッキンの劣化はパッキンを交換し、手洗管そのものが破損しているときはまるごと交換します。水洗レバー近くから水が漏れている場合は、タンクとレバーの間にあるパッキンを交換します。ボルトやナットを外すには工具が必要です。
タンク内のボールタップやオーバーフロー管に原因がある場合は、各パーツを調整するか、新品に交換します。止水栓や給水管はパッキンを交換するか、配管が経年劣化しているなら配管を交換します。無理な修理は破損や水漏れの悪化に繋がるので、自信がなければ業者に依頼したほうが安心です。

■まとめ
トイレタンクの水漏れを防ぐには、日ごろからの掃除やメンテナンスが重要です。定期的に便器周りやタンク内をチェックし、水漏れをしていないか確認します。
タンク内を掃除するときは、使い終わった歯ブラシを使用すると良いでしょう。自分で水漏れに対処できない場合は無理せず、水道 修理専門業者に連絡し見積もりを依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ