トイレの水漏れ修理で大事なポイント

トイレの水漏れ修理で大事なポイント 家の中の水回りで水が漏れると重大な事態になりやすい場所がトイレです。毎日、家族全員が大量の水を使用するため、使用できなくなると大変困ることが多い場所です。給水管の接続部分のナットのゆるみ程度なら、工具を持っていれば、締め直すことで解決できます。パッキンが劣化している場合、汎用性のあるタイプならホームセンターで購入可能なので、ある程度の知識があれば修理することができます。
ただし、専門工具は意外に高額で、交換部品にはメーカー独自の部品もあります。修理には時間と手間がかかり、費用もかかることを考えると、初めから専門業者に依頼する方が一番早く解決できて、安心できます。トイレで水が漏れるトラブルに遭った場合の対処法、修理で大事なポイントを紹介します。

■トイレの水漏れはすばやく対応する

トイレを使用していないときにチョロチョロと水が流れる音がする場合、水漏れしている可能性があります。考えられる原因はタンクと便器の連結部分の部品の劣化、接続部分のゆるみ、便器本体のヒビです。トイレの水漏れは早めに対応しないと、溢れた水で他の部屋が水浸しになる危険性があります。トイレの水漏れは水回りの中でどこよりも、スピード解決が重要です。
水が漏れていることが分かったら、慌てずに水道の元栓である止水栓を閉めます。止水栓を閉めれば、それ以上は水漏れの被害が拡大することを防ぐことができます。その後、水が漏れている箇所がどこなのか、じっくり観察します。自分で修理できる場合と、業者しか対応できない場合があるので、落ち着いてチェックします。

■水漏れの原因を特定する
水が漏れている原因は様々で、その原因によって対策は変わるため、まず、水が漏れている箇所を特定することが先決です。水が漏れる主な箇所は、トイレタンク、給水管、温水洗浄便座、床の4つです。一般的な水漏れであれば、水が漏れている場所から水がしたたっているため、原因を特定しやすいですが、少量の水が少しずつ漏れている場合は原因の特定が難しいこともあります。
そのときは床に乾いた雑巾やタオルを敷き詰めると、水が漏れている箇所をある程度把握することができます。自分で修理しようと無理してあちこち触ってしまい、故障していなかった箇所まで調子が悪くなり、壊れてしまうこともあるため、安易に触らないように注意してください。

■業者に頼むべきケース

温水洗浄便座が故障すると、ノズルから水が止まらなくなるウォシュレット 水漏れの可能性があります。温水洗浄便座のノズルに付いている弁が、何らかの原因により不具合を起こしているケースです。内部にある電気系統に異常が起きていることが考えられるので、知識がないままに無理に修理すると不具合が悪化したり、火災の原因になったりするので危険です。
また、床下の排水管の老朽化による劣化や欠損、詰まりなどが原因で、水が漏れている場合も個人で修理することは困難です。便器本体のどこからも水漏れが確認できていないのに、床が水浸しになってしまったときは、床下に原因があることが考えられます。いずれにしてもトイレの水漏れの修理は時間と手間がかかる割にリスクが大きいので、専門業者に依頼することをお勧めします。

■まとめ
トイレはタンク内、温水洗浄便座、床下から水が漏れやすく、部品の老朽化による劣化、欠損などが原因です。応急処置は止水栓を止めることです。水が漏れている原因が分からない場合、温水洗浄便座のノズルから水が漏れている、または床下から水が漏れている場合は専門業者に依頼しましょう。
業者が対応した方が早く修理できて、確実に安全に直せます。最近は多くの業者が無料見積もりを行っているので、まずは見積もりを取ることから検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース